西武継投失敗もソフト敗れM3「そんなもんよ」監督

<楽天6-1西武>◇21日◇楽天生命パーク

西武が継投に失敗し、大事な試合を取りこぼした。1点リードの8回、中継ぎエースの平井が登板。パ・リーグ新記録の79登板目だったが、先頭の代打・藤田に同点弾を浴びた。さらに1死一、三塁で、浅村に申告敬遠の満塁策。これがあだとなって死球で押し出し。継投で刻むも平井はプロワーストの5失点で新記録を勝利で飾れず「言うことはありません。僕のせいです」とだけ話した。

執念でもぎ取った1点を守りきれなかった。7回に1死一、三塁で木村がスクイズを決め、先制に成功した。さらに満塁としたが、秋山と源田が打ち取られ追加点が奪えなかった。辻監督は「あそこで1点しか取れなかったところがね。平井もホームラン打たれて、尾を引いてしまうから」。それでもソフトバンクが敗れ、優勝マジックは3に減った。同監督は「そんなもんよ。勝ったり負けたりする」。最短優勝は23日となった。

▽西武今井(7回5安打無四球無失点で好投も白星つかず)「いい意味でアバウトにいったのがよかった。こういう投球を続けていきたい」

その他の写真

  • 楽天対西武 2回表西武1死一塁、山川穂高は帰塁の際にベースを踏まずに戻ってしまいアウトになる(撮影・横山健太)
  • 楽天対西武 5回裏を無失点に抑えナインにお礼を言いながら引き揚げる西武今井(撮影・横山健太)