日本ハム柿木サムスン戦先発へ「勝負していきたい」

日本ハム柿木蓮投手が、フェニックス・リーグから本格的に先発に取り組む。1年目の今季は、2軍戦で主に中継ぎとして経験を積んできた。

10日サムスン戦(SOKKEN)の先発に向け「(中継ぎを経験し)打者を見る目線とか体の表現の仕方も変わった。ストライクゾーンでどんどん勝負していきたい」と気持ちを高めた。

その他の写真

  • 大阪桐蔭のチームメートの中日根尾(左)と話をする日本ハム柿木(撮影・田中彩友美)