巨人5位に「慎之助」山瀬は阿部追い愛される捕手に

<プロ野球ドラフト会議>◇17日

はじめまして、シンノスケです! 星稜・山瀬慎之助捕手(3年)が、巨人に5位指名された。先にヤクルトに1位指名された奥川らと見守り「本当に目指していたプロの世界で立てるということで、ほっとしています」と喜んだ。

「慎之助」という名前は、今季限りで現役を引退する巨人阿部から取って名付けられた。名前の由来を聞いてからは、ずっと目指してきた選手。「阿部選手にあこがれてずっとやってきた。同じユニホームを着れると思っていなかったので、うれしいです」。引退した年に入団と、不思議な巡り合わせ。9月28日に行われた阿部の引退試合は、国体出場のために見られなかった。それでも「最後のホームランは何回も見ました」と、後から阿部の最後のホームラン映像を目に焼き付けた。

「名前の由来を聞いた頃から意識していました。お会いすることがあればいろんなことを聞きたい」と目を輝かせる。目指すのは阿部のように打てて、勝てる捕手。「阿部さんの名前をいただいているので、そういった期待もあると思う。全く自分には今、力は無いので、努力して苦しいことに耐えていきたい」。偉大な「慎之助」の名前を背負って、愛される選手になる。

その他の写真

  • 夏の甲子園準決勝の中京学院大中京戦で笑顔を見せる星稜・奥川恭伸(左)と山瀬慎之助(2019年8月20日撮影)