阪神木浪「継続してやる」打撃の意識改革に合格点

阪神木浪聖也内野手は秋季キャンプの取り組みに合格点をつけた。井上打撃コーチらと打撃の意識改革に取り組み、ボールの内側にバットを入れるように改良。紅白戦では2戦3安打と感覚をつかみつつある。

「自分のやりたいことはできました。継続してやっていけたらと思います」。守備練習でも同じ遊撃手で年下の小幡にアドバイスを送るなど、頼もしさも見せた。

その他の写真

  • シートノックで遊撃手のポジションにつく(左から)阪神小幡、木浪、北條(撮影・上山淳一)