巨人堀岡40万円増「1軍定着を」今季支配下に

巨人の堀岡隼人投手(21)が22日、川崎市のジャイアンツ寮で契約更改交渉に臨んだ。

育成3年目の今季は7月下旬に支配下登録を勝ち取り、8月1日広島戦で1軍デビュー登板を果たした。来季は40万円増の年俸460万円でサイン。「今年は自分にとっていいことがあった1年だった。来年はファームではなく1軍に定着できるようにしたい」と話した。

また育成選手では高井俊投手(24)が20万円増の年俸290万円、巽大介投手(22)が50万円減の年俸420万円、橋本篤郎投手(21)が現状維持の年俸310万円、比嘉賢伸内野手(19)は20万円増の年俸270万円、折下光輝内野手(19)が20万円増の年俸280万円、荒井颯太外野手(20)が20万増の年俸270万円、山上信吾投手(20)が20万円増の年俸280万円、平井快青投手(19)が20万増の年俸260万円、沼田翔平投手(19)が20万円増の年俸260万円でそれぞれ更改した。(金額は推定)