巨人山口俊3冠も「まだまだ」去就は「待ちの姿勢」

<NPB AWARDS 2019 supported by リポビタンD>◇26日

ポスティングシステムを利用し、メジャー挑戦を目指す巨人山口俊投手がタイトル獲得の喜びをかみしめた。

今季は最多勝、最多奪三振、最高勝率とともにベストナインも獲得。「1度はこういう賞を取りたいなと。まだまだ満足していませんし、1年1年、上を目指してやる」と話した。

自身の去就については「特に何か進んだというのはないです。待ちの姿勢」と話した。

その他の写真

  • 投手部門で3冠を達成した巨人山口(中央)は壇上で笑顔。左は最多セーブ投手賞のDeNA山崎、右は最優秀防御率投手賞の中日大野(撮影・足立雅史)