高橋礼は1400万→5000万「日本一の査定」

プロ2年目で今季、パ・リーグの新人王に輝いたソフトバンク高橋礼投手(24)が9日、福岡市内の球団事務所で契約交渉に臨み、1400万円から3600万円増の5000万円で更改した。

「すごくいい査定、評価をしてもらった。日本一の査定、評価と思った」。開幕から先発ローテーションを守り12勝6敗の数字を残した。「(登録)抹消もあったけど、シーズン1年間、規定回数も投げたし、侍ジャパン、新人王とその部分の評価もしてもらった」と笑顔で話した。

球界では「絶滅危惧種」と言われる貴重な下手投げ右腕。今秋の侍ジャパンでも決勝で勝利投手となるなど「世界舞台」でも力を発揮した。

3年目となる来季はさらなる飛躍を誓う。「完投ができないとチームには大きなプラスにはならない。完投を目指して頑張っていきたい」と大幅昇給にさらに気を引き締めた。(金額は推定)

その他の写真

  • 5000万円(金額は推定)で契約更改したソフトバンク高橋礼(撮影・栗木一考)