センバツ好投石岡一・岩本、習志野・根本ら中大合格

東都大学リーグの中大は9日、来年度スポーツ推薦入学者を発表した。

21世紀枠として出場した今春センバツで好投した石岡一(茨城)の岩本大地投手、同センバツでの準優勝メンバー・習志野(千葉)の根本翔吾外野手、2年連続で夏の甲子園でレギュラーとして活躍した作新学院(栃木)・石井巧内野手らが合格した。

合格した12選手は以下の通り。

【投手】

西舘勇陽(花巻東)○

大栄陽斗(仙台育英)○

岩本大地(石岡一)○

石田裕太郎(静清)

【捕手】

村田凜(札幌第一)○

高橋隆慶(明秀学園日立)

【内野手】

渡辺直紀(福島商)

石井巧(作新学院)○

中前祐也(浦和学院)○

池本仁志(小山台)

【外野手】

根本翔吾(習志野)○

佐伯和希(岩国)

※校名の後の○印は甲子園出場経験者