ソフトバンク川瀬、自主トレ「一番打撃の調子いい」

ソフトバンク川瀬晃内野手が多くの「刺激」を糧にレベルアップを誓った。北九州での自主トレを公開し「プロに入って一番打撃の調子がいい」とニッコリ。

大分商の同期で、広島ドラフト1位の森下と年末に食事したが「これまではボクがプロで先輩でしたが、稼いだお金で抜かれました」と笑み。弟の大分商エース堅斗(3年)も今春のセンバツ出場が濃厚で「ボクの周りは刺激ばっかりですね」と今季の活躍へ決意を新たにしていた。