ロッテ佐々木朗希が先発希望 理想はヤンキース田中

  • ロッテ石川(右から2人目)、佐々木千(同3人目)、有吉(同6人目)は佐々木朗(左端)ら新人選手たちのあいさつを受ける(撮影・垰建太)
  • 視察したロッテ鳥越ヘッドコーチ(手前)に視線を送る佐々木朗(撮影・垰建太)

ロッテのドラフト1位・佐々木朗希投手(18=大船渡)が21日、プロでの先発希望を明かした。「先発でいきたいのは当然ですけれど、まずは自分の与えられた役割をしっかりこなしていきたい」と話した。

昨秋高校日本代表ではクローザー調整にも前向きに取り組んだ。「投手の枚数も限られていて、高校野球はなかなか抑え専門もいないので、自分がどちらでも対応できるように」と当時を振り返る。160キロ超の直球は9回を任せるに十分な資質だが、プロでは大エースの道を目指す。

先発となれば常時フルスロットルは難しいが「勝てる投手を目指したい」と、見栄えには大きくこだわらない。理想はヤンキース田中。「試合を作ったり、チームを勝ちに導く意味ではすごく良いお手本になると思います」と幼少期からあこがれている。22日のコーチ会議でも、佐々木朗の育成方針があらためて議論されることになりそうだ。【金子真仁】