日本ハム清宮「思い通り投げられた」術後投球を再開

  • キャッチボールをする日本ハム清宮(撮影・山崎純一)
  • ティー打撃をする日本ハム清宮(撮影・山崎純一)

昨年10月に受けた右肘関節形成術からの完全復活を目指す日本ハム清宮幸太郎内野手が、守備練習でスローイングを再開した。

術後キャッチボール以外の送球は控えていたが、千葉・鎌ケ谷の室内でノックを受け、トレーナーへ向かって送球を繰り返した。「思い通りに投げられたかなと思う」と、本人の手応えは上々で、近日中に病院で経過診察を受ける予定。順調ならスローイングの強度を上げていく見通しだ。