巨人育成ディプラン、今季の支配下登録は見送り濃厚

  • 練習の中で行われた紅白戦で、3回裏を投げ終え小山(左)とタッチを交わす3軍先発の巨人ディプラン(撮影・鈴木みどり)

<巨人2軍-巨人3軍>◇28日◇ジャイアンツ球場

巨人育成選手のナティーノ・ディプラン投手(26)が、今季の支配下登録を見送られる可能性が高まった。

育成契約1年目に26歳以上の外国人選手は通常の7月末ではなく、3月末が期限。28日に最後のアピールの場として先発し、5回7安打2失点の内容だった。原監督は「31日の期限ギリギリに、もう1度話して決めようということになってます。彼の場合、外国人枠もあるし、70人枠ぎりぎりというところもある」と、再度協議を行い最終決断を下す。

ディプランは「これまでで一番調子は良かった。ツーシーム、チェンジアップとうまく組み立ててくれた」とコメントした。