ソフトバンク内川、活動休止に「考える時間に」

  • 笑顔でストレッチをする内川(撮影・梅根麻紀)

ソフトバンク内川聖一内野手は活動休止期間を有意義なものにするつもりだ。

「プロに入って初めての経験なので…」と表情を曇らせたが「自分たちのできる範囲の中でやっていくしかない」と気持ちを切り替えた。

休校中の小学生の娘には「(休校中も)しっかりと取り組みなさい」と言ってきただけに「僕自身も何ができるか考える時間にしたい。(休止は)これ以上感染拡大させてはいけないという表れ」と、バットを手に自宅に戻った。