高津監督「奥川君、やばい、勝てる」古田氏に明かす

ヤクルト高津臣吾監督(51)が24日、テレビ朝日系テレビ「サンデーLIVE!!」のスポーツコーナーに出演し、現役時代にバッテリーを組んでいた古田敦也氏と対談した。

高津監督はドラフト1位、奥川恭伸投手(19)の1軍デビュー時期について、目安として7月を掲げた。「調子は良いですよ。奥川君、やばいですね。勝てますよ」と大絶賛。古田氏から「開幕から1軍はない?」と聞かれると、「ないですね。7月と言われたら、可能性はあると思います。ファームで80から100球は投げられるようにならないといけない。それを何回かこなせて。そこまでくれば、1軍デビューでしょうね」と言及した。

投手陣の再建を目指している指揮官。“黄金バッテリー”を組み、ヤクルトを支えてきた古田氏へ「古田敦也がヤクルトの正捕手だったらどうしますか?」と逆質問。古田氏は「速いボールを投げたいとか、抑えることよりも自分の理想を持ってる選手がいるじゃないですか。そこの擦り合わせがいる。アイデアを提供してやるのが我々の仕事だと思ってやっていた」と、理想と抑えることの両立の大切さを説き、高津監督は何度もうなずいていた。

最後に、古田氏から「優勝を目指すでいいですよね?」と直球で目標を聞かれると、笑顔で「優勝目指しますよ」と答えていた。