日本ハム横尾「いつもと同じ」開幕スタメンへ不動心

  • 鎌ケ谷でチーム練習に参加した日本ハム横尾は小笠原ヘッド兼打撃コーチ(左)から指導を受ける(球団提供)

日本ハム横尾俊建内野手が、開幕三塁スタメンへ不動心を貫く。28日、千葉・鎌ケ谷での1、2軍に分けてのチーム練習に参加。

ポジションを争うビヤヌエバが虫垂炎で離脱した。それでも「いつもと同じ、メンタリティーで試合に臨みたい。変にチャンスだからと、やりたくない。今まで(開幕スタメンに)固執してつらかったことがあるので、自分でコントロール出来ないことは思わないようにしています」と、自身の調整に集中する。

自主練習期間中も、小笠原ヘッド兼打撃コーチ、矢野外野守備コーチ兼打撃コーチ補佐からキャンプ中に教わった取り組みを継続してきた。「体の状態は100%に近い」と、自宅トレでも、状態を上げてきた。

27日に27歳の誕生日を迎え「今までにないくらい、静かに過ごしていました」と笑った。昨季は78試合に出場し、打率1割8分8厘、3本塁打に終わった。「絶対、去年の数字は超えたい」と高まる気持ちを抑えながら、シーズンの始まりに胸を高鳴らせた。【田中彩友美】