阪神矢野監督、中田の降板は「痛いところの四球」

  • 阪神対ヤクルト 2回表ヤクルト1死一、二塁、中田はエスコバーに左前適時打を浴びる(撮影・加藤哉)

<阪神6-4ヤクルト>◇16日◇甲子園

阪神中田賢一投手が5回途中で降板した。ソフトバンクから移籍後初の甲子園登板。2回1死一、二塁でエスコバーに先制打。2死二、三塁で投手の高橋に四球を与えてしまい、満塁から坂口に押し出し四球。3回に3点目を失った。5回2死一、三塁で、2安打を打たれているエスコバーを迎えたところで矢野監督が交代を告げた。

登板2試合目も勝てず、中田は「2回の投手への四球と押し出しがもったいなかったですし、そこがすごく悔やまれます」と猛省。矢野監督は登板間隔が中17日とあいても状態を整えてきた姿勢を認めながらも「ちょっと痛いところの四球というのが」と首をかしげた。