日本ハムわずか2得点、小笠原ヘッドは切り替え強調

  • 日本ハム対オリックス 意気消沈の日本ハムベンチ(撮影・佐藤翔太)

<日本ハム2-7オリックス>◇31日◇札幌ドーム

日本ハム打線は序盤の2得点止まりだった。オリックス先発榊原の制球難に乗じて3回までに2点を先制したが、5回以降は相手の継投策に太刀打ちできなかった。

小笠原ヘッド兼打撃コーチは「四球選んだり、何とかチャンスをつないでいる。なんとかそういうものを1つの試合で出せるように今後もやっていきたい」と次戦へ切り替えた。