ヤクルト大西5回2失点「悔いが」長野への1球反省

  • ヤクルト対広島 3回表広島の攻撃を抑えて、こぶしを握りながらナインとエアタッチする大西(撮影・浅見桂子)

<ヤクルト-広島>◇5日◇神宮

プロ初先発を迎えたヤクルトのドラフト4位、大西広樹投手(22)は5回7安打2失点。1点ビハインドで降板し、初勝利はならなかった。

初回、広島松山に先制打を許した。2死満塁のピンチは、菊池涼に対して全球外角攻めで三ゴロに。走者を背負った3回、5回はともに松山を併殺に仕留めてしのいだ。だが同点の5回1死二塁、長野に初球の内角ストレートを左中間へ運ばれ、勝ち越しを許した。

4回は内外を投げ分け、下位打線を3者連続空振り三振に切った。「立ち上がりで少し制球に苦しみましたが、回を増すことに少しずつ修正することができました。長野さんへ投げた1球が悔いが残ります」と振り返った。