DeNA宮崎が右手首付近に死球受け負傷交代

  • DeNA対阪神 7回裏DeNA無死、右手首付近に死球を食らう宮崎。投手ガンケル(撮影・山崎安昭)

<DeNA6-7阪神>◇12日◇横浜

DeNA宮崎敏郎内野手(31)が、右手首付近に死球を受けて負傷交代した。

2点を追う7回に先頭で打席に入ると、阪神ガンケルの投球が直撃。打席にうずくまった。代走に大和が送られ、ベンチに退いた。

DeNAは梶谷が左足かかとの打撲でスタメンを外れ、ソトが腎盂(じんう)腎炎でベンチ外。オースティンは脳振とう、むちうちで離脱中と主力が相次いで離脱している。