オリックス連敗7で止める、ソフトバンク二保4敗目

  • ソフトバンク対オリックス 2回表オリックス1死満塁、福田周平の2点適時打で生還する二塁走者の西浦颯大、捕手は甲斐拓也(撮影・今浪浩三)

<ソフトバンク2-8オリックス>◇15日◇ペイペイドーム

オリックスは初回、T-岡田の2点適時打で先制。2回にも福田の2点適時打など3点を追加。先発吉田一は3回まで無失点投球。

ソフトバンクは4回、バレンティンの9号ソロで反撃。オリックスは6回に宗の適時二塁打で1点を加え、再び5点差とした。

オリックスは7回にも2点を加え完勝。チームは連敗を7で止めた。3番手で登板した吉田凌がプロ初勝利を挙げた。二保は4敗目。