阪神矢野監督「しぶとい」チカイトで菅野攻略起点

  • 巨人対阪神 4回表阪神無死二塁、糸原は先制の右適時打を放つ。投手菅野(撮影・浅見桂子)

<巨人1-2阪神>◇24日◇東京ドーム

阪神「チカイト」が菅野攻略の起点となった。4回に1番近本光司外野手が遊撃内野安打で出塁。菅野の暴投で二塁を陥れた。

2番糸原健斗内野手は内角高めに食い込むスライダーに詰まりながら右前へ先制適時打。「(高橋)遥人も頑張っているので、何としても先制点を取る気持ちで打ちました」。コンビで4試合連続の1、2番スタメン。6回も連打で好機をつくるなど、リードオフマンの役割を果たした。矢野監督も「チカの足もしっかり生きた。健斗もしぶとい打撃。そこが出てくるともっと点になる」と期待した。