阪神岩貞「能見スタイル」で柔軟調整、エキスも吸収

阪神岩貞祐太投手(29)は「能見スタイル」で中継ぎ、先発の両方に対応できる調整を進める。

オリックス能見篤史投手兼任コーチ(41)、坂本誠志郎捕手(27)との沖縄自主トレを終えて帰阪。能見エキスを余すところなく吸収したようで「現時点で思いつくようなことは聞けました。調整方法とか成功談だけでなく、こうやったらちょっと良くなかったとかそういう話も聞けた」。まだ今季の配置を聞いていないこともあり、ブルペンの球数、回数などを柔軟に調整していく。

阪神ニュース一覧はこちら―>