高橋ひかるが体調不良で年内休業、連ドラは降板へ

モデルで女優の高橋ひかる(18)が、体調不良のため年内休業することが所属事務所の公式サイトで4日、発表された。出演予定だった日本テレビ系「ニッポンノワール-刑事Yの反乱-」は降板する。

所属事務所のオスカープロモーションは、「弊社所属の女優・高橋ひかるですが、このたび、出演を予定しておりました日本テレビ系『ニッポンノワール-刑事Yの反乱-』を体調不良により降板させていただくこととなりました」と発表。「9月後半、本人が体調不良を訴え、病院にて医師の診断を受けた結果、年内の間、全てのお仕事を休養し体調回復に努め静養するように言われました。本人といたしましては出来る限りご迷惑をかけないよう出演を希望していたのですが、お医者様の診断もあり事務所、本人、お医者様で協議した結果、全てのお仕事を休業することに致しました」と説明し、「関係者の皆様、共演者の皆様、そして応援してくださるファンの皆様には、ご心配ならびに多大なるご迷惑をおかけしますこと心よりおわび申し上げます」と謝罪した。

高橋は2014年の「全日本国民的美少女コンテスト」でグランプリに輝き、、16年映画「人生の約束」で女優デビュー。17年のNHK大河「おんな城主 直虎」ほか数多くのドラマで活躍し、18年に女性ファッション誌「Ray」(主婦の友社)の専属モデルに起用された。