鈴木杏樹が不倫妻役舞台後に謝罪「お騒がせして」

  • 公演を終え、報道陣に会釈して引きあげる女優鈴木杏樹(撮影・菊川光一)

女優鈴木杏樹(50)が18日、広島市のJMSアステールプラザで舞台「罪のない嘘~毎日がエイプリルフール~」に出演した。

6日発売の週刊誌で俳優喜多村緑郎との不倫が報じられて以降、初の舞台出演。

公演では、皮肉にも不倫する妻役をコミカルに熱演した。「1度に2人を愛してはいけない。いつかきっと不幸になるよ」と諭される場面では観客から笑いが起こっていた。カーテンコールでは、共演した佐藤B作から「これだけ(観客が)入ったのも杏樹さんの力」といじられ、観客に手を合わせる場面も。鈴木が「大変お騒がせしてしまい申し訳ありません」と頭を下げて謝罪すると、総立ちの客席からは拍手がおくられた。終演後は待ち受けた報道陣に笑顔で会釈し、タクシーに乗り込んだ。