山本リンダ接触事故も立ち去る 相手は三木谷会長

東京都新宿区信濃町の都道で29日午前、歌手山本リンダと楽天の三木谷浩史会長兼社長がそれぞれ乗った車同士が接触事故を起こしていたことが30日、分かった。いずれの車も運転していたのは運転手で、けが人はなかった。

楽天広報によると、午前10時ごろ、三木谷氏の自家用車が道路の停車スペースに止まっていたところ、リンダの車が三木谷氏の自家用車の脇あたりに接触した。接触の影響で、リンダの車の一部部品が接触現場に落ちたが、そのまま立ち去ったという。三木谷氏は後部座席に乗っていたが、三木谷氏と運転手にけがはなかった。三木谷氏の運転手が通報した。

楽天広報は「警察の捜査にお任せしており、先方がリンダさんの車だったと報道で初めて知りました」とコメント。現段階でリンダ側から連絡はないという。