大阪は維新2議席即当確 勢い止まらん“5連勝”

主要6政党を含めて計12人が4議席を争う激戦となった大阪選挙区は21日の投開票で、日本維新の会の現職東徹氏(52)、新人の元リポーター梅村みずほ氏(40)が当選を確実にした。 維新の勢いが止まらない。大阪市内のホテル。壇上に上がった東氏は「大阪での維新の実績を支持していただいた。2議席を勝たせていただき、これ以上の喜びはない」と顔を紅潮させた。初当選となる梅村氏は「維新の風がものすごい勢いで巻き上がっているのを感じた」と振り返った。

大阪府、市のダブル首長選、衆院大阪12区補選、堺市長選と連勝の維新は、大阪で“5連勝”した。東氏は金看板の「身を切る改革」を訴え、2児の母の梅村氏は「増税なしで大阪の子育て政策を充実させたのは維新だ」と訴え、主婦層の支持を開拓した。

選挙期間中、前回16年の参院選で地方議員を振り分けて男女2人を当選させた手法を踏襲した。維新幹部は「2人とも当選させることで、改革を求める民意を示すことができた」と胸を張った。松井一郎代表(55)は「大阪の2議席は身の引き締まる思いだ」。国政へ維新の掲げる「身を切る改革」を広めることを誓った。【松浦隆司】