寬仁親王牌

脇本雄太が力を見せつけ2年ぶり2度目V/前橋G1

  • 通算5度目のG1優勝を果たし、笑顔でガッツポーズする脇本雄太

<前橋競輪:寛仁親王牌>◇G1◇最終日◇17日

脇本雄太(31=福井)が2年ぶり2度目の大会制覇を果たした。

レースは赤板前に松浦悠士が仕掛けて先頭に。緩んだところを脇本が、東口善朋を連れてカマした。続いた新田祐大が巧みに3番手を確保。最終バックで新田が踏み上げたが、東口のけん制もあり、そのまま脇本が押し切った。2着に新田、3着は東口。松浦は届かず4着に終わった。注目を集めた山田兄弟は兄英明が7着、弟庸平は8着だった。

2車単(1)(5)720円。3連単(1)(5)(4)4500円。

(注=成績、払戻金などは必ず主催者発行のものと照合してください)