西野氏、本田の監督就任はW杯期間中に「感じた」

  • FacebookMessenger
  • TL

 ワールドカップ(W杯)ロシア大会で日本代表監督を務めた西野朗氏(63)が14日、東京・日本橋三越で、翌15日からスタートする「第21回三越ワールドウオッチフェア~時の伝道~」開催を記念し、報道陣へのプレビューを兼ねたトークショーを開いた。

 西野氏は囲み取材に応じ、MF本田圭佑(32=メルボルン・ビクトリー)が、カンボジア代表の実質的な監督に就任したことについて「何となく感じましたね」と、W杯の大会期間中から本田が指導者に向かって進んでいく予感があったことを明かした。

 報道陣から「あらかじめ知っていたのか?」と聞かれると「あらかじめではないですけど、指導者に対する意欲とか自分が監督だったらとか…という思いは監督、選手の間のコミュニケーションを取る中でもありますし…それは」と、本田と会話する中で感じ取っていたと語った。

 その上で「ただ、こういう形になるとは全く思っていないですし、指導者に対する憧れとか、自分であればなぁ…というような理想は、かなりあったと思いますけどね」とも口にした。W杯をともに戦った指揮官にとっても、本田がカンボジア代表の実質的な監督に就任したことは、相当な驚きだったようだ。【村上幸将】

  • FacebookMessenger
  • TL