冨安健洋は肉離れで全治3~4週間離脱と伊紙

10日のW杯アジア2次予選モンゴル戦で左足を負傷した日本代表のDF冨安健洋(20)は、左足の太もも裏の肉離れで全治3~4週間離脱すると、伊紙コリエレ・デロ・スポルトが報じた。

これで19日に行われるポルトガル代表FWロナルド擁するユベントス戦の欠場が濃厚となった。