U22小川、GKと1対1外す「決めきらないと」

<国際親善試合キリンチャレンジ杯:U-22日本代表0-2U-22コロンビア代表>◇17日◇Eスタ

FW小川航基が決定機を逃した。0-2の後半36分、MF堂安律からの絶妙なロングパスに反応。DFの裏をついてGKと1対1となったが、右足で狙ったシュートは左ポストに嫌われた。

決めればチームが息を吹き返す1点だっただけに「決めきらないといけなかった」と唇をかんだ。

その他の写真

  • 後半、小川(右)はシュートを放つもゴールポストに当たって得点ならず(撮影・河野匠)