沼津青木「もっと点とりたい」8試合ぶりゴール狙う

  • FacebookMessenger
  • TL

J3アスルクラロ沼津FW青木翔大(28)が、8日の次節アウェーYSCC横浜戦で8試合ぶりのゴールを狙う。チーム2位の5得点だが、実は6月17日のザスパクサツ群馬戦以降、約3カ月もゴールから遠ざかっている。一方で、チームは6戦負けなし(3勝3分け)と好調。青木も「勝利が優先です。自分がいることで、他の選手の点につながればいいと思っています」と言った。

ただ、今季は「2桁得点」を目標にしており、ストライカーとしてのプライドものぞかせた。「FWなので、個人的にはもっと点をとりたいです」。

沼津の今季総得点は22で、リーグ13位。昨季はリーグトップの60点を記録しただけに、青木も満足していない。「カウンターと遅攻、両方の精度を高めたいです」。オフの日も競技から離れることはない。意識的にフィジカル強化に取り組み、16年の加入時から8キロ増量し、80キロに到達。最前線で攻守の起点になっている。「ボールを収めなければ、攻撃になりません」。

首位FC琉球との勝ち点差は5で3位。残り12試合で、これから上位争いは佳境に入る。狙いは優勝のみ。青木は「そのためにも、勝たなければ」と言葉に力を込めた。【古地真隆】

  • FacebookMessenger
  • TL