札幌チャナティップとジェイ復帰、決戦へ駒そろった

初の国内3大タイトル獲得を目指す北海道コンサドーレ札幌に、明るいニュースだ。

22日、札幌・宮の沢での全体練習に、ケガで別メニュー調整だったFWジェイ(37)とMFチャナティップ(26)が復帰した。前線の主力が戻り、26日ルヴァン杯決勝は、攻撃陣の駒がそろう見込みとなった。

左ふくらはぎの張りで18日C大阪戦を回避したジェイは、「合流できていい感じだった。決勝に行けただけで満足しちゃダメ。優勝しないと意味がない。モチベーションは非常に高い」とやる気満々。元イングランド代表は「初めて日本でタイトルを取るイギリス人になりたい」と夢を語った。

一方、4日のリーグG大阪戦前に右ふくらはぎ肉離れを起こし、W杯アジア2次予選のタイ代表を辞退したチャナティップも、安堵(あんど)の表情だ。決勝へめどが立ち「頑張ります。大丈夫」。攻撃の要が不在のなか、チームは準決勝を戦い抜き、決勝進出を決めた。「自分がやるべきことを全部出し切って、より走らないといけない」。積極的に攻め込んでいくつもりだ。【保坂果那】

その他の写真

  • 練習に復帰した札幌FWジェイ(中央)とMFチャナティップ(右)(撮影・保坂果那)