札幌がチケットの一般販売延期と先行販売中止発表

北海道コンサドーレ札幌は21日、チケットの一般販売延期および先行販売の中止をクラブ公式サイトで発表した。

発表は以下の通り。

「新型コロナウイルスに関する政府関係機関からの発表を受けまして、Jリーグおよび関係各所との協議のうえ、これ以上の感染拡大を防ぐために札幌ドームでのホームゲーム開催について対応を検討しております。

つきましては、2月19日(水)から販売しておりましたクラブコンサドーレ会員先行販売を中止し、さらに明日2月22日(土)から発売予定の一般販売につきましても販売を延期いたします。

販売再開に関しましては、対象試合の対応が決まり次第改めてご案内いたします。なお、すでにクラブコンサドーレ会員先行販売にてご購入されたお客様につきましても、払い戻しなどを含め改めてご案内いたしますので、チケット(QRチケット含む)はそのままお持ちください。

皆様には急なご案内となり大変ご迷惑をおかけいたしますが、ご理解くださいますようお願いいたします」

対象試合はリーグ戦の3月7日G大阪戦、22日神戸戦、4月18日名古屋戦。ルヴァン杯の4月8日広島戦。

合わせて札幌市内で22日に開催予定だった柏戦のパブリックビューイングの中止も発表された。