Jリーグ10日から有観客「細かくしっかり対応」

Jリーグは6日、日本野球機構(NPB)との「第11回 新型コロナウイルス対策連絡会議」を開催し、終了後のオンラインでの会見で10日から予定している有観客での試合実施の方針を変更しないことを明かした。

Jリーグは政府の指針に従い、10日のJ2岡山-北九州戦から上限5000人(または収容人数の50%以下の少ない方)を入れての試合実施を予定していたが、東京都で5日までに4日連続で100人を越える感染者が出るなど、状況が悪化傾向にあった。この日の会議ではそうした現状や検査態勢などについての話し合いが行われ、専門家らの見解を踏まえた上で、予定通り10日から有観客での開催を行うことを確認した。

村井満チェアマンは「政府見解に大きな変更がなければ既存の予定で準備していきたいと思います」としつつ「まだまだ予断を許さない状況。細かくしっかり対応しながら、みなさんのご協力をいただきながら進めていきたい」と話した。