JFL讃岐のコーチ 下半身露出で逮捕

 高松北署などは28日、高松市内で女性に下半身を露出したとして公然わいせつなどの疑いでJFLのカマタマーレ讃岐(高松市)のサッカー指導者小田桐健一容疑者(29)を逮捕した。小田桐容疑者は今年2月からコーチをしていた。逮捕容疑は1月と5月の未明、それぞれ市内のマンションの共用スペースで女性に下半身を露出した疑い。同署によると、小田桐容疑者は容疑を認めており「ストレス解消のために1年ほど前から十数回やった」と話している。クラブの住谷幸伸社長は「2度とこのようなことが起きないよう万全を期する」とコメントした。

 

おすすめ情報PR

サッカーニュースランキング

    更新