乾ベティス入団会見で「これが最後の移籍になる」

  • FacebookMessenger
  • TL

 日本代表MF乾貴士(30)が12日、都内のスペイン大使館でスペイン1部ベティスへの入団会見を行った。乾は会見で、ベティスとの契約が3年契約だと明かした上で「今年で30歳になりますし、これが最後の移籍になる。やりたかったサッカーなのでオファーをもらい迷いましたけど」と、今回の移籍が最後の移籍になるであろうとの考えを示した。

 乾は質疑応答の中で、移籍のことを家族に相談したかと聞かれると「移籍のことは基本、家族に相談しない。自分で決めて行くと言います」と語った。

 4年後のワールドカップ(W杯)カタール大会への出場を目指すかと聞かれると「そうですね…4年後を、まだ見ていない。1年、1年頑張り、4年後に選ばれれば一番いいこと」と、カタール大会への出場を視野に入れていることは示唆したが、まずはベティスでの3年契約の、1日1日に全精力を注ぐ考えを示した。

 またベティスへの合流は「基本的には26日に合流します」と語った。【村上幸将】

このニュースの写真

  • ベティスの入団会見に臨み、ラモン・アラルコン氏と握手する乾貴士(撮影・村上幸将)
  • FacebookMessenger
  • TL