アントワープ三好が鮮烈デビュー 初ゴールが決勝弾

<ベルギーリーグ:アンデルレヒト1-2アントワープ>◇15日◇ブリュッセル

MF三好康児の初ゴールが決勝点となり、アントワープがアンデルレヒトに2-1で競り勝った。

相手が退場者を出し10人となった1-1の後半37分に出場。ベルギーデビューを果たすと、同42分、ペナルティーエリア右で相手クリアを拾い、ドリブルから反転しながら得意の左足でシュート。これは相手DFにはじかれたが、こぼれ球をダイレクトで左足を振り抜くとボールはゴール右上へ突き刺さる勝ち越し弾となった。鮮烈デビューを果たした三好は、チームメートからもみくちゃにされて祝福される中、雄たけびを上げながら右手を何度も突き上げ喜びを爆発させた。

アントワープは4勝2敗の勝ち点12で暫定5位。

その他の写真

  • MF三好康児(19年4月撮影)