ポルトガル1部は6月4日再開、検査などで日程変更

ポルトガル1部リーグは12日、新型コロナウイルスの影響で中断しているシーズンを6月4日に再開すると発表した。

同国のコスタ首相は5月30日に無観客で再開できる見通しを明らかにしていたが、リーグ側はスタジアムの点検や選手を検査する時間を確保するために再開日をずらした。

18チームで争われる1部リーグは3月の第25節から中断。各チーム10試合を残し、日本代表MF中島翔哉が所属するポルトが勝ち点60で首位。勝ち点1差の2位にベンフィカがつけている。

FW前田大然のマリティモは15位、GK権田修一とDF安西幸輝が所属するポルティモネンセは17位となっている。