東京五輪へロード日本との連携強化 TOJ日程発表

自転車ロードレース「NTN presents 2019ツアー・オブ・ジャパン」(TOJ=自転車月間推進協議会主催、日刊スポーツ新聞社ほか後援)の記者発表が27日、都内で行われた。

8日間の全8戦で実施され、第1戦は5月19日の堺ステージ、第2戦が20日の京都となる。そして、第3戦は21日のいなべ、第4戦は22日の美濃。第5戦以降は昨年同様に南信州、富士山、伊豆と転戦し、26日に最終第8戦、東京ステージを迎える。27日現在、海外7、国内9チームの合計16チームが出場を予定している。

大会組織委員会の石黒克巳会長は「来年のTOJが終わる2020年5月31日付の獲得ポイントで、東京五輪のロード日本代表が決まる。今年の大会から日本のチームが大いに活躍し、オリンピックへのポイントを獲得してほしい」と選手にエールを送った。そして、SPEEDチャンネルで全8戦をほぼライブで中継予定の計画も明かし、レースの盛り上がりに期待をこめた。

また、競技主管の日本自転車競技連盟・橋本聖子会長も姿を見せ、「東京五輪のロードレースで日本選手が1番最初にゴールすることを目標にしている」と今大会との連係強化を図ることを約束した。

大手ベアリングメーカーNTNは昨年の創業100年に合わせ、2017年から冠協賛している。TOJ各会場で「NTN回る学校」を開き、環境や省エネルギーについて遊びながら学べるプログラムを行う。ベアリング組み立て体験や、バーチャル自転車レースも予定されている。

その他の写真

  • TOJが東京五輪・パラリンピックにつながることを願う日本自転車競技連盟の橋本聖子会長