テニス世界ツアー、8月再開予定も未だ詳細発表なし

男子テニスで、日本のエースの錦織圭(30=日清食品)が、4大大会の全米(ニューヨーク)が日程通り8月31日から開催された場合、出場を予定していることが16日、分かった。錦織の所属事務所IMGの関係者が明かした。錦織は現在、拠点とする米フロリダにあるIMGアカデミーで練習を続けている。

   ◇   ◇   ◇

テニスの世界ツアーは8月から再開予定だが、詳細は発表されていない。15日に米国テニス協会が全米の開催を会見し、それに合わせて再編成されたツアーの日程も公表される予定だった。しかし、全米の会場があるニューヨーク州の開催承認が遅れているのか見送りとなった。

男子の計画は、8月10日から予定されていたマスターズ大会のロジャーズ杯(トロント)が中止。同週にシティオープン(ワシントンDC)を行い、ウエスタン&サザンオープン、全米と続く。

その後、5月に予定されていたマドリードとローマのマスターズ大会を9月中旬から行い、全仏(パリ)は9月28日からに延期される予定だ。その後のツアーは欧州だけにとどまるのか、例年通り楽天ジャパンオープン(有明)を含むアジアツアーを並行して行うのかは不明。

女子ツアーは、賞金などで中国への依存が高く、全仏以降の中国の5~7大会は開催予定の見通し。9月に予定されていた東レ・パンパシフィック(有明)は11月にずれ込む計画もあるという。男女ともに延期、中止が入れ乱れる中、課題は山積みだ。