B1千葉の田村新社長、ハロウィーン姿でファン迎え

<バスケットボールBリーグ:千葉92-76名古屋D>◇24日◇第5節◇千葉・船橋アリーナ

B1千葉ジェッツの新社長が、ハロウィーン仕様の格好でブースターを出迎えた。

今年7月に就任した田村征也社長が試合前、頭に弓矢が刺さったように見えるカチューシャを付け、入場口でファンをエスコート。「本当はお菓子を配りたかったけれど、コロナ禍でいろいろと制限があり…。(カチューシャは)インターネットで購入しました」と明かした。

ホーム開幕となった第3節に続いて、社長自らファンに会場内を案内するなど、この日も精力的に活動。胸元にはオレンジのポケットチーフ、襟にはカボチャバッチと、細やかなおしゃれも光った。

親会社ミクシィでは、スマホゲーム「モンスターストライク」のマーケティングなどに関わった。昨年までは、幕張メッセでの同ゲームイベントの責任者も務めたという。「エンターテイメントに関わってきた者として、お客さんに少しでも楽しんでいただきたい」。Bリーグ屈指の人気チームのトップは笑顔で話した。

新社長のコスチュームに呼応するかのように、チームはこの日、しっかりと勝利を射止めた。