「オレの後任はワンちゃんだ」。根本陸夫の命を受け、有楽町「アピシウス」で半年間、口説き続けた―/瀬戸山隆三という男

長く巨人中心で回ってきた野球界。パラダイムシフトを起こしたのは、王貞治氏のダイエー監督就任がきっかけではないでしょうか。陰日向に奔走した瀬戸山隆三氏の貴重な証言。書き下ろしで送ります。

ストーリーズ

鳥谷越直子

「人は愛」。この思いを胸に、プロ野球の監督人事という難しい仕事を巧みにさばいた男がいる。

5年前にオリックス顧問を退任した瀬戸山隆三氏(68)。日本シリーズのON監督対決を実現させた裏方でもある。

ダイエーを皮切りに、ロッテ、オリックスと渡り歩いた。名監督誕生や逆風の中の契約不更新など、剛腕ぶりが今も語り継がれる。

精肉売り場→人事部→球団買収調査室

その力量を世に知らしめたのは、王貞治氏のダイエー監督招請だろう。瀬戸山氏は1993年(平5)にダイエーの球団代表に就任すると、当時の根本陸夫監督から思いがけない仕事を託された。

「初対面の席でとんでもないことをおっしゃったんですよ。『オレの後任はワンちゃん(王貞治)だ。巨人とダイエーでON対決をしなきゃいけない』と言われました。そして『オレはすぐ辞めるからな。後は自分で考えろ』と(笑い)」

王氏の電話番号だけ渡された。球団発表では「(94年)7月から交渉開始」となっているが、実は94年の1月から水面下で日参が始まっていた。

有楽町にある高級フランス料理店「アピシウス」で初対面が実現した。他の客と顔を合わせることなく個室に行ける、特別な店だった。

王氏を前に、緊張の面持ちで口を開いた。「20世紀中にON対決を実現させて、野球人気の回復にひと役買って下さい。福岡ドームという舞台は整ったので、あとは役者だけです」と、精いっぱいの口説き文句を並べた。だが「私は東京しか知らない。セ・リーグしか知かしらない。巨人しか知らない。パ・リーグは別世界ですからお引き受けするのは難しい」とあっさり断られた。

王監督と話し込む=2002年10月12日

王監督と話し込む=2002年10月12日

会食後、根本氏に報告すると、「とにかく攻めろ。YESというまで行け」とハッパをかけられた。そこから粘って、毎月1回「アピシウス」での極秘会談が続いた。

3回目までは膠着(こうちゃく)状態だった。4回目の席で、たまたま王氏の携帯電話にかけてきた相手が、瀬戸山氏と共通の福岡在住の知人だった。これで潮目が変わった。「福岡にも知り合いがおられるじゃないですか。みんな応援してくれますよ」と畳みかけた。6回目の席で「中内さん(功社長)にお会いして、そこで決めます」と大きく前進した。

ただ、まだ最悪の事態に陥る可能性があった。「その席で断られたら、僕はクビになると思いましたよ」。会食の前日、電話で自身の立場を説明すると、「引き受けるつもりではいます」と承諾を得た。この交渉を通じて、心が通い合った気がした。

94年10月12日、ダイエー王監督誕生のニュースが駆け巡った。

30年間、巨人一筋できた「世界の王」が初めて他球団のユニホームに袖を通す。期待と興奮に沸く福岡のネオン街を見ながら、ふと「オヤジが生きていたら喜んでくれただろうな」と父親の顔が浮かんだ。

父・英秋さんは54歳で他界した。「オヤジは野球が大好きで、小さい頃はよく球場に連れていってもらいました。だけど42歳で全身ガンになってしまい、運のない人生だったように思います。僕には医者か弁護士になってほしかったようですが、商社5つすべて落ちて、ダイエーの肉売り場でしょ」と苦笑した。

投球練習する中内オーナーを見つめる=98年5月21日

投球練習する中内オーナーを見つめる=98年5月21日

大阪市立大を卒業後、77年にダイエーに入社した。最初の配属先は精肉売り場だった。精肉を極めようと茨城の専門学校まで通ったが、その直後に人事部に異動となる。そして32歳で「球団買収調査室」に配属された。「中内さんに呼ばれて、いきなり『南海ホークスを買収せい』でしょ。右も左も分からない、プロ野球の世界に飛び込むことになったんですよ」。

ダイエーの鈴木達郎専務とともに、水面下で情報収集にあたった。中内氏の希望だった神戸ではなく、誘致を持ちかけられた福岡に本拠地を移転することで話を進めた。

そして88年11月、南海電鉄からの球団買収に成功し、総務課長として球団に出向することになった。

「南海ホークスを譲り受け、王監督を招請したと言えたら、オヤジは幸せだったかもしれんね」と笑った。

03年にダイエーホークス代表を退任した。最後の日。中内オーナーが神戸メリケンパークオリエンタルホテルで2人きりの送別会を開いてくれた。これまでの労をねぎらわれ、最後に「君のふるさとはずっとダイエーや。何かあったら、いつでもゆうてこんとあかんわな」とニコッと笑って送り出してくれた。「この言葉は一生忘れません」。温かい言葉に背中を押され、翌年から千葉ロッテへ移った。

04年~ロッテ社長 赤字削減と脱バレンタイン

2度目の難しいかじ取りは、ロッテ・バレンタイン監督に対する契約不更新だった。

04年にロッテ球団社長に就任。05年には、バレンタイン監督を擁して31年ぶり日本一を達成した。

同監督とはその年に2年契約が満了し、06年から新たに4年契約を結んだ。ところが08年オフ、重光昭夫オーナー代行から30億円(推定)の球団赤字を削減するよう厳しく命じられ、年俸の高い監督を軸にリストラを断行せざるを得なくなった。

年俸5億円(推定)とも言われたバレンタイン監督。同監督の専属コーチやスタッフなど、10人近い関係者による総年俸は10億円(推定)に上った。

08年11月の球団幹部会で、チームの若返りと赤字削減に着手する方針が固まり、同監督と契約が切れる10年以降の契約を結ばないことで一致した。12月には、バレンタイン監督に対し、来季限りでの退任を勧告したことも明かした。

09年にシーズンが始まると、熱狂的なファンから激しいバッシングを浴びた。

右翼席にはフロント批判の横断幕が掲げられ、6月には「ロッテ・バレンタイン監督の残留を実現する会」のメンバーが11万2493人分の署名を集め、重光武雄オーナーに提出した。

混乱を極めたシーズンで、球団関係者からは「チーム内が荒れている。選手が、フロントと監督の確執に振り回されてプレーに集中できない」との声も出た。

日本シリーズ進出を決め胴上げされる=2010年10月19日

日本シリーズ進出を決め胴上げされる=2010年10月19日

この状況を鎮めるため、4月には西村徳文ヘッドコーチの監督昇格を内定。異例の早さで新体制作りに着手した。

外部から監督を招請する案も出たが、西村氏を推した。「バレンタイン監督は編成面にも関わり、フロントがコントロールできなくなっていた。後任監督にはチームだけを見てもらい、運営と編成はフロント主導でやらないと、またもめることになる。波風を立てずに、選手が野球に専念できる環境をつくるにはロッテ一筋の西村さんが適任だと思った」と振り返った。

夏場には、バレンタイン監督の激しい抵抗に心が折れそうになった。同監督は、毎日のように重光オーナー代行へメールを送り「私は瀬戸山に雇われたのではない。重光家に雇われたのだ」と残留を訴えた。

「あのときは本当にしんどかった。もう辞めようかと思った」。心労が重なり「辞任」を申し出たが、重光オーナー代行から「すべて瀬戸山さんにお任せします」と慰留され、西村監督の擁立にこぎつけた。

翌10年には、落合監督率いる中日を破り、5年ぶり日本一に輝いた。シーズン3位から勝ち上がったCSファイナルステージでは、ソフトバンクを破り「下克上」で日本シリーズに進出。祝勝会が行われた福岡のホテルでは、重光オーナー代行と並んで「たる酒」をかぶり、達成感に酔いしれた。

オリ本部長時代40億補強に失敗…森脇監督休養

オリックス森脇監督のシーズン途中の休養、事実上の解任も、フロント業の厳しさがにじむ事案だった。

11年にロッテ社長を退任後、12年にオリックス執行役員球団本部長補佐に就任。13年から球団本部長となり、14年には6年ぶりの2位に押し上げた。

オフには中島裕之、小谷野栄一、トニ・ブランコらを次々と獲得。エース金子千尋のFA残留資金も含めれば、総額40億円ともされる大型補強で優勝候補の呼び声が高かった時の低調だけに、経営陣を刺激した。

西武に開幕3連敗を喫すると、泥沼にはまり、5月31日に自力優勝の可能性が消滅した。直後の6月2日、追い込まれるように森脇監督の会見に至った。「十分な戦力を与えていただきながら、私の力不足により十分な成績ではない。ここまでの低迷に関しては深くおわび申し上げたい」と謝罪し、休養を表明した。

森脇監督の休養会見=2015年6月2日

森脇監督の休養会見=2015年6月2日

瀬戸山氏は「あの当時のオリックスはシーズン途中に解任するということが起きていた。石毛宏典さん、岡田彰布さん。途中で監督交代というのはかわいそうだよね」。複雑な思いで森脇監督と話し合ったことを今でも忘れない。

「プロ野球は本当に難しいね」

プロ球界に在籍した約30年間、中内功、重光昭夫、宮内義彦とカリスマ経営者たちに仕えた。勝利と球団の健全経営を両立させる…難しいミッションに応えるため、心血を傾注し、粘り強く、時に冷酷に映るような決断を下したこともあった。

中内オーナーの哲学を胸に

心掛けていたのは、ダイエー中内オーナーがよく口にしていた「人は愛」という言葉だった。

「壮絶な戦争体験をお持ちの中内さんは、何かあると『人は愛』とおっしゃっていた」。第2次世界大戦でフィリピンの激戦地ルソン島に派遣され、九死に一生を得て生き延びた。そんな体験もあってか「人はひとりでは生きていけない。どんな状況でも、生きるためには人を信頼するしかない」と話していたという。

「中内さんの教えがなかったら、今の私はなかった。同じ時代に生きて、縁があって一緒に仕事をしている。無理難題を言われて絶望的になることもあるが、それは事象だけで、人はプラスで見るようにしている。人は愛ですよ」

17年にオリックス顧問を退任し、現在は「中部衛生検査センター」の相談役としてコロナ対策などに奔走している。

今でも球界関係者から相談を受けたり、食事の誘いは後をたたないという。森脇氏との交流も続いている。「食事に誘われれば、できる限り顔を出します。何か役に立てれば…と思っています。どう生きても人生ですから。気持ちよく終わりたい。それだけですわ」と豪快に笑った。