【帝京・前田三夫の人生⑤】ドラマ「池袋ウエストゲートパーク」を地で行く部員…練習でがんじがらめに

就任50年目の2021年夏に勇退した帝京(東京)・前田三夫監督(72=現名誉監督)が、監督として過ごした半世紀を振り返りました。22歳の就任初日「甲子園に行こう」と呼び掛けたら、約40人いた部員が2週間ほどで4人まで減ったのは語り草。逆風のスタートから甲子園に26回の出場を重ね、歴代5位タイの51勝を積み上げ、3度の日本一に輝きました。今だから明かす秘話、勝負哲学、思い出に残るチームや選手たち、高校野球界へのメッセージ…9回連載です。

高校野球

古川真弥

「帝京」といえば、高校野球ファンは、徹底的に勝ちを追求するイメージを持つかも知れない。確かに、縦じまの選手たちの勝負への執念はすさまじい。そこが帝京の魅力でもある。ただ、前田名誉監督は「勝利至上主義で、勝ちだけを目指したって勝てません」と断言する。50年にわたる指導経験が「勝つためには、人間形成をしっかりしないといけない」と確信させた。

95年夏、自分自身への「挑戦」

そこに至るまでは、決して平たんではなかった。最高の結果を残したチームについても、同じことが言えた。結果的に最後の日本一となった95年夏は、それまでの優勝(89年夏、92年春)とは趣が違った。

「僕自身は、優勝を狙えるチームではなかったんですよ。ただ、あのチームを勝たせられなかったら、僕の指導というのが間違いになる。自分自身の挑戦でした」と述懐する。

鍛えに鍛えて3度目の日本一.涙=95年8月

鍛えに鍛えて3度目の日本一.涙=95年8月

既に2度、頂点に立っていた監督が「挑戦」と言うほど、猛練習の日々だった。まだ寮はなく、全員が自宅から通っていた。

練習を終えた選手たちは、最終電車に間に合うべく駅まで走った。終電を逃したコーチが学校に寝泊まりすることもあったという。

草履で登校、私服持参、着替えて直行

そこまでのハードワークを課したのには、わけがあった。「非常にやんちゃな生徒がおりましてね」。休日の練習に草履ばきで登校。私服も持参し、練習が終わると、そのまま着替えて池袋に遊びに行く者もいた。

「こりゃ、早く帰すわけにはいかん。学校に残さないと。練習、練習でがんじがらめにしました」

猛練習は、その年のセンバツが終わってからだった。0-1で伊都(和歌山)に1回戦敗退。大会後、耳を疑うことが起きた。

「もう甲子園に出たから、野球はいいです」と退部を申し出る主力がいた。「びっくりしました」。時代の変化もあったかも知れない。中学の教育現場が荒れていた時期。

かといって、以前のような体罰は認められなくなっていた。かつてと気風が異なる生徒たちと、どう接すればいいのか。前田監督は苦心した。

そんな状況から、猛練習の末に夏の頂点へと駆け上がった。自分自身への挑戦には勝ったが「影響が、ものすごく残りました。その後も、なんとか勝たせて甲子園にまで行ったんですが」。

スパルタの時代は終わり、自主性の時代へ。そこで、さらに苦い思いを味わった。(つづく)