【夢幻のグローバル・リーグ:第1話】1969年3月31日…男たちは羽田発62便に乗り込んだ/祝! 野球伝来150年②

野球が日本に伝わり、2022年で150周年を迎えました。野球の歴史を探る不定期連載Season2は、国際化の先駆けとも言える、あるリーグに焦点を当てます。事実は小説よりも奇なり、全9回。(敬称略)

ストーリーズ

古川真弥

ザ・ピーナッツにサイン入りバットを贈る森徹さん。「野球伝来150年 Season2」の主人公(森郁さん提供)

ザ・ピーナッツにサイン入りバットを贈る森徹さん。「野球伝来150年 Season2」の主人公(森郁さん提供)

▷「東京ドラゴンズ」 監督は森徹

紺のブレザーの左胸には、地球形(グローバル)のマークに〝TOKYO〟の文字が輝いていた。

時は53年前、場所は羽田空港。1969年(昭44)3月31日午後10時発、ホノルル経由ロサンゼルス行きの日航機62便に、大柄な男たちが乗り込んだ。タラップから振り返る25人は、笑顔で見送りの家族や仲間に手を振った。

「日本チーム代表として恥ずかしくない立派な野球をやってきます」

元東京(現ロッテ)の外野手で、中日時代の59年には本塁打(31本)と打点(87打点)の2タイトルを取った森徹の顔は紅潮していた。前年限りで引退し、新たに「東京ドラゴンズ」を率いる当時33歳の青年監督だった。

◆森徹(もり・とおる)1935年(昭10)11月3日、旧満州(現中国東北部)生まれ。終戦後は北海道・函館で暮らし、早大学院から早大に進む。東京6大学リーグでは立大・長嶋と同期で、強肩強打の外野手として活躍。2年時の55年春から3季連続を含む4度のベストナイン。58年に中日入りし、1年目の23本塁打、73打点は巨人長嶋(29本塁打、92打点)に次ぐリーグ2位。2年目で4番を打ち、31本塁打、87打点の2冠。1年目の58年から3年連続で外野手のベストナインに選ばれた。62年から大洋(現DeNA)、66年から東京(現ロッテ)。68年限りで引退。通算1177試合、971安打、189本塁打、585打点、打率2割5分1厘。オールスター5度出場。69年、グローバル・リーグの東京ドラゴンズで監督を務める。引退後は旅行代理店の経営など実業界で活躍。野球評論家も務め、マスターズリーグでもプレーした。武道の達人でもあり、柔道、合気道、空手で6段。11年から、全国野球振興会(通称プロ野球OBクラブ)の理事長。14年2月6日、肝細胞がんのため死去。78歳。現役時は173センチ、95キロ。右投げ右打ち。

▷東京ドラゴンズ、米国2、ドミニカ1、ベネズエラ1、プエルトリコ1

かつて、1シーズンだけ行われた国際野球リーグがあった。その名も「グローバル・リーグ」。日本からは東京ドラゴンズが参加し、米国2、ドミニカ共和国1、ベネズエラ1、プエルトリコ1の計6チームで結成された。

仕掛け人は、米国シカゴで不動産業を営むウォルター・J・ディルベックという人物。当時の報道によると「第2次世界大戦で活躍した歴戦の勇士」であり、イタリア戦線で名をはせた。その時にハワイの日系2世部隊の活躍を見て、日本びいきになったという。

真偽のほどはともかく、メジャーのア・リーグ、ナ・リーグに続く第3のリーグを掲げ、66年にグローバル・リーグ結成準備委員会を立ち上げた。

大リーグからは相手にされず、構想は暗礁に乗りかける。それでも諦めなかった。68年9月に来日。プロ野球関係者からも相手にされなかったが、日本チーム結成にこぎ着け、リーグ戦開催へと突き進んだ。

もっとも、リーグの行く末には、始めから暗雲が垂れ込めていた。

▷神宮の採用テスト 元プロから草野球まで

日本チームは元プロ野球選手が中心。当初の監督は田中義雄だった。ハワイ出身の日系アメリカ人で、37年から44年まで大阪タイガース・阪神軍(現阪神)でプレー。戦後は監督も務めた。

69年2月15日には東京・赤坂葵町のホテルオークラで日本チーム結成発表会が開かれた。ところが、田中は勤務先である座間キャンプの了解が得られず、未契約。そこで新たな監督として、現役を引退したばかりの元本塁打王・森に白羽の矢が立ち、発表会の4日後に就任を受諾する運びとなった。

森は、すぐに動きだした。

東京ドラゴンズの出発を報じる、1969年4月1日付日刊スポーツ。5面の左下、見出しプラス写真で2段の扱い

東京ドラゴンズの出発を報じる、1969年4月1日付日刊スポーツ。5面の左下、見出しプラス写真で2段の扱い

同23日には神宮外苑で採用テストを実施。元プロだけでなく、日本各地から多くのアマチュア選手が参加した。合格者には大学や社会人野球の選手だけでなく、高校卒業後は草野球チームでプレーしていた選手もいた。

元プロには、なかなかのメンバーがそろっていた。60年に東筑(福岡)から近鉄に入り、前年まで巨人でプレーした矢ノ浦国満は。通算846安打の遊撃手。法大出身、元東京の左腕・竜隆行は通算69試合に投げている。

桐生高(群馬)から東映(現日本ハム)に進んだ黒崎武は、67年までプレー。通算332試合に出た外野手だ。

さまざまなバックグラウンドを持った選手が集まり、東京ドラゴンズは結成されたが、早くも次の問題が浮上した。

▷渡航費届かず $600の契約書も不備だらけ 

リーグ本部から、合同キャンプを行うアメリカへの渡航費や契約金が届かない。月額600ドル(当時のレートで約22万円)の契約書も不備だらけ。ケガした際の保障や、中途帰国した時の交通費をどうするか、定められていなかった。

国際電話による話し合いは遅々として進まず、3月16日の日刊スポーツには「日本チーム、解散へ」の見出しが躍った。

「ディルベック会長や(副会長の)ジョージ吉永氏は〝いいかげんな態度〟でわれわれをみていた。米国でバリバリ野球をやろうと大きな夢をいだいていた選手たちの夢を無残にも打ち砕いてしまった。われわれはいまのままでは気持ちがおさまらない。損得の問題ではなく、これは国際間の道義的な問題だ」

森のリーグ本部への不信感は募るばかりだった。

だが、解散は、なんとか回避された。同18日にリーグ極東担当副会長のジョージ吉永が来日。条件面で折り合い、22日に日本チームの参加が正式に決まった。ビザ取得が遅れるゴタゴタもあったが、ようやく31日、渡米にこぎ着けた。

▷「独立ぐれん隊」と青田昇

紺のブレザーに身を包み、25人は意気揚々と空を飛んだ。

現地時間4月1日午前10時。まるまる24時間以上をかけ、飛行機を乗り継ぎ、やっとフロリダに降り立った。そこからバスで合同キャンプ地のデイトナビーチへ。宿舎の「ホリデー・イン」に落ち着き、キャンプインした。

日本球界からのはみ出し者の集まり。取材に訪れた評論家の青田昇に「独立ぐれん隊」と呼ばれながらも、オープン戦を2勝3敗で終え、ベネズエラの首都カラカスへ。同24日、ベネズエラ・オイラーズとの開幕戦を迎える。9月までの長丁場が始まった。

ここから、東京ドラゴンズの本当の〝苦難〟が始まった。(つづく)