【夢幻のグローバル・リーグ:第3話】お金ない…「ホテル代486万円払え」でカラカス大脱出を画策/祝! 野球伝来150年②

野球が日本に伝わり、2022年で150周年を迎えました。野球の歴史を振り返る不定期連載Season2は、国際化の先駆けとも言える、あるリーグに焦点を当てます。事実は小説よりも奇なり、全9回。(敬称略)

ストーリーズ

古川真弥

▷ずさんすぎた運営

1969年(昭44)の1シーズンだけ開かれた国際野球リーグ「グローバル・リーグ」。渡航費が送られてこなかったり、月600ドル(当時約22万円)の契約書には不備が多かったり、開幕前から不安の種は尽きなかった。

嫌な予感が現実となるのは、開幕してすぐ、5月に入ってからだ。

ベネズエラに滞在を続ける東京ドラゴンズのもとに、アメリカのリーグ本部から5月分の給料が送られてこなかった。監督の森徹は国際電話などで本部にかけあったが、会長のディルベックがつかまらない。早くも、資金繰りに行き詰まったようだ。

◆森徹(もり・とおる)1935年(昭10)11月3日、旧満州(現中国東北部)生まれ。早大学院から早大に進む。東京6大学リーグでは立大・長嶋と同期で、2年時の55年春から3季連続を含む4度のベストナイン。58年に中日入りし、2年目で4番を打ち31本塁打、87打点の2冠。1年目の58年から3年連続で外野手のベストナインに選ばれた。62年から大洋(現DeNA)、66年から東京(現ロッテ)。68年限りで引退。通算1177試合、971安打、189本塁打、585打点、打率2割5分1厘。オールスター5度出場。武道の達人でもあり、柔道、合気道、空手で6段。11年から全国野球振興会の理事長。14年2月6日、肝細胞がんのため死去。78歳。現役時は173センチ、95キロ。右投げ右打ち。

森は「地元の興行師にだまされた」とも語っている。このような状況でリーグ戦が続行できるはずもない。結局、7勝目を挙げた5月16日のベネズエラ戦を最後に試合は止まった。

それでも森は諦めなかった。代理監督を元巨人の矢ノ浦国満に託し、5月15日、帰国の途に就く。早々に失敗した中南米シリーズに代わり、極東地域でリーグ戦を開催できないか。リーグ本部の提案を受けていた。

ウイスキーを手に、くつろいだ表情を見せる森徹さん(森郁さん提供)。広い人脈を生かし、新リーグ設立へ奔走した

ウイスキーを手に、くつろいだ表情を見せる森徹さん(森郁さん提供)。広い人脈を生かし、新リーグ設立へ奔走した

給料を払わないくせに虫のいい話ではあったが「選手たちのためにも」と単身、日本に戻った。

▷単身帰国の森監督 極東リーグ設立へ奔走

森は前年限りで引退後、旅行代理店を経営していた。早大出身のつてもあり、球界に限らず顔が広かった。球場やスポンサー探しに奔走し、メディアにも積極的に登場した。日刊スポーツでも、69年5月20日付の紙面でこう訴えている。

「(単身帰国の目的は)極東地域で試合を実現させるためだ。ハワイ、グアム、フィリピン、韓国、沖縄、それに日本。リーグの形がスッキリしたので、大いにやってみたい」

「(金銭面の不安は)全くない。選手は働きによってどんどん昇級してもらえる」

「若い選手を大リーグへ送ることも可能だ」

森が精力的にPRを続ける一方で、カラカスのホテルに残されたチームを取り巻く事態は深刻さを増していた。5月23日、とうとう食事が提供されなくなった。同31日には、ホテル代も届かなくなった。

▷食事止められ溝深まり…我慢の限界

「監督は日本で何をやってるんだ?」。残された選手の一部からは、不満が漏れるようになった。

森は6月8日に再渡米。資金問題解決のためリーグ本部にかけあおうとするが、らちが明かない。「リーグがキリスト教系の財団に売却された」という報道も出た。ベネズエラに足止めされたままの選手たちとの隙間風は、大きくなる一方だった。

日本でも東京ドラゴンズの苦境が報じられるようになり、手を差し伸べる動きが起きる。巨人では、金田正一が1人1万円の寄付を呼びかけた。それでも、事態は改善しない。ついに7月3日、ホテル側の訴えを認めたカラカスの地方裁判所が、約486万円の未払いホテル代を払わなければ出国禁止という仮処分を下した。

切羽詰まった東京ドラゴンズのナインたち。翌日4日、かけに出た。〝カラカス大脱出〟だ。(つづく)