【カープ週間③黒田博樹の日米通算200勝】ヤンキースでも天秤にかからない広島愛 伝説の横断幕から10年の金字塔

ヤンキースの高額な残留オファーを蹴り、広島へ。決め手はメジャー挑戦を決めた直後、広島市民球場の右翼席にたなびいた特大の横断幕でした。仲間やファンと、深い所で心を通わせることができる大投手。野茂英雄に次ぐ日米通算200勝を復刻します。ハイライト原稿後半のテンポが心地よい佳作。(2016年7月24日掲載。所属、年齢などは当時)

傑作選

前原淳

◆黒田博樹(くろだ・ひろき)1975年(昭50)2月10日生まれ、大阪府出身。上宮―専大を経て96年広島を逆指名しドラフト2位で入団。07年オフにFAでドジャース入り。09年開幕勝利。12年にヤンキース移籍。15年に広島復帰し16年引退。背番号15は広島の永久欠番となった。22年、野球殿堂入り。父一博氏(故人)は南海などで外野手、内野手としてプレー。現役時代は185センチ、93キロ、右投げ右打ち。

伝説の横断幕。ヤンキースを蹴って広島復帰の決め手となった=2006年10月14日

伝説の横断幕。ヤンキースを蹴って広島復帰の決め手となった=2006年10月14日

広島黒田博樹投手(41)が日米通算200勝を達成した。野茂英雄に次ぎ日本選手2人目。王手をかけてから2度足踏みして迎えた阪神17回戦(マツダスタジアム)で先発し、7回を5安打無失点。3回までに7点の大量援護にも恵まれ、メジャー7年を含めてプロ20年目で金字塔を成し遂げた。広島に男気(おとこぎ)復帰して2年目。25年ぶりリーグ優勝に向け、まだ白星を積み重ねる。

★野茂に次ぐ2人目「本当に感動」

115球目、代名詞でもあるツーシームで荒木にバットを振らせなかった。今季最多9個目の三振を奪い、7回無失点。勝利の瞬間を待った。史上2人目の偉業にも、黒田はいつもの黒田だった。

チームメートがおそろいTシャツで祝福し、満員のスタンドは誰も席を立たずに大歓声を送った。祝福ムードにも1人、チームを勝利に導いた安堵(あんど)感に浸っていた。

25年ぶりのリーグ優勝。仲間に胴上げされ涙=2016年9月10日

25年ぶりのリーグ優勝。仲間に胴上げされ涙=2016年9月10日

「一番はホッとしています。まだ実感はない。チームのために201勝を目指し、また明日から準備して全員で戦っていきたい。本当に最高のチームメートとファンの前で、最高のマツダスタジアムで節目の勝利を挙げられて本当に感動しています」

★開幕戦8失点「俺、もう野球やめます」

あの日、黒田は泣いていた。「俺、もう野球やめます」。

04年4月2日。2年連続で開幕投手を務めた夜、チーム関係者と食事の席で、口にした。泣き言のレベルではない。同日、味方に5点の援護をもらいながら、8失点の敗戦。常に強い責任感を持ってマウンドに上がる男の涙だった。

「耐雪梅花麗」。高校時代、書道の授業で知った言葉を座右の銘とし、挫折ばかりの野球人生ではい上がってきた。

ヤンキース時代の黒田。ドジャーズ―ヤンキースで通算79勝と大活躍した=2012年4月13日

ヤンキース時代の黒田。ドジャーズ―ヤンキースで通算79勝と大活躍した=2012年4月13日

初の2桁勝利は5年目。「広島のエース」として出場した04年アテネ五輪も、中継ぎだった。「外のレベルの高さを目の当たりにして、それをどう受け止めて次に生かすか。アテネは自分にとっての起点になった」。翌年に初タイトルとなる最多勝。飛躍を遂げた。

先発完投がスタイル。米国でも投球回にはこだわった。打球を頭部に受けた09年からは後遺症とも闘わねばいけなかった。

試合前に「背中の骨がスレてる感じ」で首をひねることができなくても、「日本人がナメられてたまるか」とマウンドに上がった。11年から3年連続200投球回をクリア。10年は3回 2/3 、14年は1回足りないだけだった。

★睡眠薬

ヤンキース2年目の13年は、一睡もできず球場に向かう日もあった。気づけば、登板前は睡眠薬を服用するようになった。マンハッタンを見下ろせる超高級マンションに住んだのは、そんな自分への暗示。「あめとムチ。これぐらいのあめがないとヤンキースで、あのマウンドで投げられないと思った」と振り返る。

日米で積み重ねてきた投球回は、3291回 2/3 に到達した。「200勝する投手と3000イニング投げる投手の人数は、それほど変わらない。派手な活躍をして認められる人もいれば、地道に積み重ねて認められる人もいる。僕のやり方はできることをコツコツ積み重ねることにある」。

朝起きれば、自然と体の状態を確認する。登板前には首、肩などに塩を塗り込み、マウンドに上がる。ドジャース時代から続ける「黒田ノート」は今も書き続ける。20年目も、入念な準備と勝利への渇望感は衰えない。

耐雪梅花麗―。挫折を味わい、痛みに耐えた末に、200勝という名の花を咲かせた。

◆耐雪梅花麗(雪に耐えて梅花麗し) 西郷隆盛が詠んだ漢詩の一節。梅の花は寒い冬を耐え忍ぶことで、春になれば一番麗しく咲く、という意味。ヤンキース時代、大切な言葉を紹介するミーティングでチームメートに披露。通訳されるとジーターらから拍手が起こった。LINEの黒田スタンプにも使用されている。