「ヴィンチェンツォ」元祖キス職人による世界一美しいキスシーンは14話/ダメ推しネトフリ解説

梅ちゃんねるNetflix版ダメ推し解説4回目は韓国ノワール「ヴィンチェンツォ」。腰が抜けるほど美しいソン・ジュンギに見とれてるだけで20話完食。他にも見所がありすぎるので油断できないドラマです。過去3回の「愛の不時着」「イカゲーム」「梨泰院クラス」の解説も読んでね。

特集記事

梅田恵子


今回紹介するのは、昨年の日本ランキング1位を快走した韓国ドラマ「ヴィンチェンツォ」です。「愛の不時着」で当てたスタジオドラゴン制作。トップ俳優ソン・ジュンギ(36)が初のダークヒーローを演じ、ベビーフェイスからほとばしるキレッキレのダンディズムに腰が抜けた人も多いのでは。アクション、コメディー、そして世界一美しいキスシーン。何でもできるジュンギ兄さんが、韓国ノワールのダイナミズムを生き生きと見せてくれる快作です。

ヴィンチェンツォとチャヨン弁護士。このシーンはまだ第2話。史上最高のキスシーン(第14話)はまだ先です。Netflixシリーズ「ヴィンチェンツォ」独占配信中

ヴィンチェンツォとチャヨン弁護士。このシーンはまだ第2話。史上最高のキスシーン(第14話)はまだ先です。Netflixシリーズ「ヴィンチェンツォ」独占配信中

★悪で悪を制す★

イタリアでマフィアの顧問弁護士(コンシリエーレ)として生きてきた男、ヴィンチェンツォ・カサノ(ソン・ジュンギ)が、韓国に所有する雑居ビル「クムガプラザ」の地下に眠る15トンの金塊を掘り出すまでのお話。帰国早々、ビルの所有権を悪徳大企業バベル・グループに奪われ、バベルを〝親のかたき〟とするヒロイン、ホン・チャヨン弁護士(チョン・ヨビン)と手を組むことに。バベルを倒し、ビルを取り返すためにマフィアのやり方で巨悪と戦っていく姿が描かれます。

「イタリアの犯罪組織はマフィアだけ。でも韓国は全部がマフィアでカルテル。国会、検察、警察、官公庁、企業もすべて」。チャヨンが語る韓国カルテルの闇が娯楽作品として大胆に描かれ、「悪が悪を制する」というピカレスクの妙味がぐいぐい展開していきます。勝ち気な言動に裏がないチャヨンと、すべての言葉に裏があるヴィンチェンツォ。名コンビの会話劇に笑わされ、シリアスとの緩急に息をのみっぱなし。法を巧みに使った法廷バトルから、無法地帯の場外戦まで、「この2人ならどうする」という突破力が隅々にあるのです。

タキシードのジュンギ兄さん。うっとり。Netflixシリーズ「ヴィンチェンツォ」独占配信中

タキシードのジュンギ兄さん。うっとり。Netflixシリーズ「ヴィンチェンツォ」独占配信中

★ソン・ジュンギ×ノワールの妙味★

いちばんの見どころは、やはり主演ソン・ジュンギのかっこよさですよね。

ソン・ジュンギといえば、美少年系の顔立ちから、さわやかキャラやラブストーリーを主戦場としてきたトップ俳優です。残忍さをも魅力に変えるダークヒーローの役どころは俳優人生をかけた挑戦だったと思いますが、もともと高い演技力で知られた存在。新境地も見事にはまり、マフィア流の復讐劇を華麗に引っ張っています。

容姿端麗、頭脳明晰(めいせき)、ミステリアス。持ち前の気品でイタリアの高級スーツをばっちり着こなし、やばい男の色気が匂い立ちます。1話のラスト、クムガプラザに乗り込んできた敵の集団を巻き尺ひとつで制圧するアクションに息が止まった人も多いのでは。命乞いする敵へのおちゃめな意地悪も絵になり、ソン・ジュンギの破壊力をあらためて実感できます。

追い出すつもりの入居者たちを、結果的にバベルから守っているロジックも効いています。彼らがじゃまで金の掘り出しがなかなか進まないことが笑いを生むと同時に、異国で孤独に生きてきた彼が、身勝手な入居者たちに手を焼きながら友情を築いていく姿は胸に染みます。泣き寝入りしない人生を知った入居者たちが次第に連帯し、カサノファミリーとなっていく過程は本当にすてき。仲間を得て、真のリーダーになっていくヴィンチェンツォの成長を丁寧に演じているのもソン・ジュンギの本領と言えます。

ソン・ジュンギのガンアクションもカッコ良すぎる。Netflixシリーズ「ヴィンチェンツォ」独占配信中

ソン・ジュンギのガンアクションもカッコ良すぎる。Netflixシリーズ「ヴィンチェンツォ」独占配信中

★神回にSNSがざわついた★

ヒロイン、ホン・チャヨン弁護士を演じたチョン・ヨビン(32)のコメディエンヌぶりも素晴らしかったですね。初の大役でしたが、表情豊かで、オーバーアクションがサマになるのは天性の才能。誰の懐にもズカズカと飛び込める陽キャラと、誰よりも「後悔という地獄」を知る人間味をさっそうと表現し、彼女でなかったら、作品もここまで輝いたかどうか。何よりソン・ジュンギと見た目に大変お似合いです。

そんな2人のキスシーンが描かれた14話は、SNSでも「神回」として大いに沸きました。敵の脱税の証拠をつかむため、ある美術館に潜入。貸し切りイベントの予約カップルになりすまして見学ルートを巡りますが、本当の予約カップルはここでプロポーズを準備していたことが明らかに。2人とも、即興でプロポーズの芝居をするハメになるという展開です。

バイオリン演奏まで始まり、逃げられない状況。「こちらへ」「私?」「準備していた指輪です」「ゆ、指輪?」。女性館長の言葉にいちいちうろたえるソン・ジュンギに爆笑です。

どうにか終わったところでまさかのキスコール。チャヨンを気遣い、「キスは後で」「ここではちょっと」と必死に回避を試みるヴィンチェンツォの優しさにキュンとします。そんな状況に意を決したチャヨンから、彼の首に手を回してロマンチックなキス。互いの気持ちを探り合いながら、うっとりするキスシーンが展開します。

美術館という美しいロケーションと、洗練された2人。照明、音楽、画角にぴったり合う絶妙な身長差まで、その美しさは1枚の絵画のよう。「優しい男」(12年)や「太陽の末裔」(16年)など、女優を美しく見せる〝元祖キス職人〟の破壊力を久々に目の当たりにし、「世界一美しいキスシーン」に勝手に認定。住む世界が違うことを心得ている大人の恋とあって、キスシーンは最終話とこの14話のみ。大捕物への重要シーンにファンサービスを重ねてくるあたり、韓国ドラマの脚本は本当に巧みです。

ヒロインを演じるチョン・ヨビン。回を追うごとに魅力的になっていく。Netflixシリーズ「ヴィンチェンツォ」独占配信中

ヒロインを演じるチョン・ヨビン。回を追うごとに魅力的になっていく。Netflixシリーズ「ヴィンチェンツォ」独占配信中

★小ネタに凝る“韓国ドラマあるある”★

出演者ゆかりの人気俳優のカメオ出演や、ヒットドラマのオマージュなどの小ネタをちょいちょい入れてくる韓国ドラマ。「ヴィンチェンツォ」はそれが盛大です。中でも「梨泰院クラス」の偽パク・セロイとして話題を集めたイ・ダルと、「愛の不時着」で北朝鮮兵士を演じたヤン・ギョンウォンが「パク・セロイの偽物だ」「北朝鮮の兵士みたいだ」とやり合うシーンは話題になりました。

個人的に爆笑&感動だったのは、ヴィンチェンツォがインチキ霊媒師になって敵をはめるくだり。この霊媒師の名前が「ヨリム先生」なんですよね。ヨリムは、若きソン・ジュンギが時代劇「トキメキ成均館スキャンダル」(10年)で演じた役どころのニックネーム。自身の出演作をオマージュし、純白の韓服姿を見せてくれました。そのヨリム先生が祭っている「パク・ヒョ神(シン)」は、中島美嘉の「雪の華」をカバーした国民的歌手パク・ヒョシンのダジャレ。事務長がひと節歌うオマケつきでした。

雑居ビルの個性あふれる住人達がドラマに楽しく絡んで来ます。Netflixシリーズ「ヴィンチェンツォ」独占配信中

雑居ビルの個性あふれる住人達がドラマに楽しく絡んで来ます。Netflixシリーズ「ヴィンチェンツォ」独占配信中

★効果的なイタリア要素★

イタリア帰りのマフィア弁護士という設定から、オペラやクラシックの名曲が効果的に物語を盛り上げるのも魅力のひとつ。夜明け前、バベルの薬品貯蔵庫を焼き払う際に流れる「トゥーランドット」のアリア「誰も寝てはならぬ」はその真骨頂。赤々と燃える広大な敷地に向かって、イタリア語で「星よ沈め。夜明けに私は勝つのだ」の一節を見舞うヴィンチェンツォが、ゾクゾクするほど悪党です。

最後に添えておきたいのが、作品の中でヴィンチェンツォと同じくらい見る人に愛されたハトのインザーギ。これはイタリアの名サッカー選手の名前ですね。窓の外の絶妙な場所にポジションをとり、鳴いたり羽ばたいたりと安眠を妨害する手ごわいやつ。振り返れば、孤独なヴィンチェンツォのそばにずっといてくれた友達でもあります。ヴィンチェンツォがプラザの住人たちに愛される姿を見届けるように姿を消した窓は、いちばん泣けたかも。インザーギにまた会いたいので、ぜひ続編希望です。(このコラムはひとまず終了します)

見習い弁護士ジュヌ。このキャラクターも全編を通して目を離せない。Netflixシリーズ「ヴィンチェンツォ」独占配信中

見習い弁護士ジュヌ。このキャラクターも全編を通して目を離せない。Netflixシリーズ「ヴィンチェンツォ」独占配信中

◆梅田恵子(うめだ・けいこ) 文化社会部記者。11年から芸能コラム「梅ちゃんねる」連載中。昭和からのドラマおたくで、毎クールの連ドラを勝手な好みで採点する「勝手にドラマ評」も12年目。Netflixは16年から視聴。業務の一環のはずがそのまま沼。韓国ドラマ大好き。好きなジャンルはSF、サスペンス、ラブコメ、Kゾンビ。ギャラクシー賞テレビ部門選奨委員。

第1話でおいはぎに会う主人公ヴィンツェンツォ。Netflixシリーズ「ヴィンチェンツォ」独占配信中

第1話でおいはぎに会う主人公ヴィンツェンツォ。Netflixシリーズ「ヴィンチェンツォ」独占配信中

ソン・ジュンギが時たま見せる柔らかい表情に射貫かれる。Netflixシリーズ「ヴィンチェンツォ」独占配信中

ソン・ジュンギが時たま見せる柔らかい表情に射貫かれる。Netflixシリーズ「ヴィンチェンツォ」独占配信中