【名連載復刻】渡哲也「くちなしの花」【あの日あの新聞】昭和49年という時代

「歌っていいな」は、日刊スポーツの1990年代の人気連載です。ヒット曲の誕生秘話を掘り起こすことで、その時代の空気をあぶりだしました。1974年(昭和49年)にヒットした「くちなしの花」は、戦後日本の残り香がにじみ出る名曲です。田中角栄内閣が退陣しアニメ「アルプスの少女ハイジ」が放送され北の湖が横綱になり長嶋が引退した昭和49年。当時の新聞紙面と合わせて、時代を感じてください。

特集記事

構成・笹森文彦、高田博之

「くちなしの花」作詞・水木かおる 作曲・遠藤実

くちなしの花の 花のかおりが

旅路の果てまで ついてくる

くちなしの白い花

おまえのような 花だった

 今年は俳優・渡哲也さんの三回忌です。2020年8月10日に肺炎のため78歳で亡くなりました。映画「無頼」シリーズや刑事ドラマ「西部警察」などの勇姿は、今も人々の記憶の中で生きています。歌手としても「くちなしの花」や「みちづれ」などヒット曲を残しました。特に1973年に発表した「くちなしの花」で、翌1974年の第25回NHK紅白歌合戦に初出場を果たしました。実はこの年、渡さんは病気でNHK大河ドラマ「勝海舟」の主演を途中降板し、長期の入院生活を余儀なくされます。公の場から姿を消した渡さんに代わって、渡哲也の存在感を示し続けたのが「くちなしの花」のヒットでした。男の美学を貫き通した渡さんの一面をも垣間見ることのできる名曲です。1996年12月に芸能面の連載「歌っていいな」で掲載した同曲の秘話を紹介します。 (年齢、肩書き、表記などは掲載時のまま)

★英霊に捧げる思いやりと優しさ★

(1996年12月7日付紙面から復刻。年齢、肩書きなどは掲載時のまま)

10月27日、渡哲也(54)の初舞台「信長」が千秋楽を迎えた。2部の歌謡ショーのフィナーレ、歌はヒット曲「くちなしの花」。客席にペンライトの花が咲き、打ち振られた。直腸がんを克服し初舞台を完走した渡を褒めたたえるように。渡は込み上げてくる熱いものを懸命に抑えたがイントロが一層、胸を熱くさせた。

「くちなしの花」は1973年(昭48)8月25日発売された。渡は前年暮れ、兄と慕う石原裕次郎(故人)の事務所「石原プロ」に移籍し、心機一転を期していた。その渡にNHK大河ドラマ「勝海舟」(74年)の主役が舞い込んだのが73年だった。当時、ポリドールレコードで渡を担当していたディレクター山口光昭氏(49=現トーラスレコード常務取締役)は「渡さんの新時代が始まる。歌も大ヒットしてほしいと願った」と振り返る。

しかし、渡は「急性肝炎兼陳旧性左胸膜癒着症」でダウンし、大河ドラマをわずか9話で降板した。松方弘樹が代役に決まり、渡は74年2月1日から国立熱海病院に入院した。

渡の人生が天国から地獄に一転したようにみえた。しかし、入院生活で公の場から姿を消さざるを得なくなった渡に代わり、「くちなしの花」がじわじわと世の中に浸透し始めていた。山口氏は「確実にランクアップする音楽チャート誌を渡さんに見せ元気づけるため、毎週、熱海まで通った。渡さんは“歌は本職じゃないのに、レコードが独り歩きしちゃった”と照れていたが、毎週、僕がまくら元に届けるチャートを楽しみにしてくれていたと思う」と語る。

74年3月18日付の総合ヒットチャートで「くちなしの花」は、「なみだの操」(殿さまキングス)「あなた」(小坂明子)「薔薇(ばら)の鎖」(西城秀樹)に次ぐ4位にランクされ、以後2カ月間ベスト10内をキープするロングヒットとなった。

1996年12月7日付の日刊スポーツ「歌っていいな」連載。クリックすると全体が見られます。

1996年12月7日付の日刊スポーツ「歌っていいな」連載。クリックすると全体が見られます。

「くちなしの花」のタイトルは戦死した学徒出陣兵の手記を基にしている。「俺の言葉に泣いた奴が一人 俺を恨んでいる奴が一人 それでも本当に俺を忘れないでいてくれる奴が一人 俺が死んだらくちなしの花を飾ってくれる奴が一人 みんな併せてたった一人……」。

特攻隊ゆえに結婚をあきらめた女性に送ったものだった。山口氏らは「この思いやりとやさしさが渡の人生観にぴったり」と考え、作詞家水木かおる氏に依頼したのが同曲だった。

渡は同曲のヒットを心の支えの一つに8カ月の入院生活に耐えた。退院した渡を待っていたのはNHKの「紅白歌合戦」への出演要請だった。「歌手は本業じゃない」が持論の渡も、闘病中も応援してくれたファンへのお礼と、大河ドラマを途中降板したNHKへの謝意を込め出演を承諾した。渡は「くちなしの花」を初めて生番組で歌った。

あれから22年、新歌舞伎座公演は直腸がんを克服した渡が「最初で最後」と、芸能生活31年目で初挑戦した舞台だった。その千秋楽、思い出深い「くちなしの花」を口ずさむと、「よくやった」と励ますファンのペンライトが左右に揺れた。「あのペンライトは胸に迫るものがありました」。渡はあの感動を今でも忘れない。

74年紅白歌合戦で「くちなしの花」を歌う渡哲也

74年紅白歌合戦で「くちなしの花」を歌う渡哲也

~懐かしの1974年(昭和49年)主なヒット曲~

※発売順、同日の場合は五十音順

「あなた」(小坂明子)第4回世界歌謡祭グランプリ曲で73年12月に発売され、74年に大ヒット。

「襟裳岬」(森進一)吉田拓郎作曲のフォークソング調の作品。第16回日本レコード大賞曲でNHK紅白歌合戦の森初の大トリ曲。

「うそ」(中条きよし)高級クラブを経営していた山口洋子さんがホステスの実話をもとに作詞した。

「私は泣いています」(リリィ)オイルショックで狂乱物価となり、新聞に「私は泣いています」の見出しが躍った。

「積木の部屋」(布施明)漫画や映画でブームの「同棲」がテーマ。翌75年には「シクラメンのかほり」が大ヒットした。

「二人でお酒を」(梓みちよ)清純派から脱皮した1曲。歌詞の2番からあぐらをかきながら歌った。

「グッバイ・マイ・ラブ」(アン・ルイス)「六本木心中」「あゝ無情」とは一線を画する名曲。

「精霊流し」(グレープ)さだまさしの出世作。バンドをやっていたいとこが海で亡くなった実話をもとにした作品。

「なみだの操」(殿さまキングス)同じお笑いのぴんからトリオの大ヒット曲「女のみち」(72年)に対抗して制作された。

「愛ひとすじ」(八代亜紀)第7回日本有線大賞でグランプリを獲得。この年は「しのび恋」もヒット。

「ひと夏の経験」(山口百恵)5枚目のシングルで「女の子の一番大切なものをあげるわ」の歌詞が話題に。紅白初出場曲。

「岬めぐり」(山本コウタローとウィークエンド)最初は南こうせつに作曲を依頼したが、コウタローの作曲が採用された。

「ふれあい」(中村雅俊)後に「TOMORROW」(岡本真夜)を手掛ける音楽プロデューサーが中村の歌唱力を引き出す。

「昭和枯れすすき」(さくらと一郎)TBS系人気ドラマ「時間ですよ 昭和元年」の挿入歌に使用されヒットした。

「傷だらけのローラ」(西城秀樹)初出場の紅白にアイマスクをつけて登場した。初出場歌手が顔を隠すのは異例だった。

~紙面で振り返る1974年(昭和49年)できごと~

↓新聞をクリックすると各面が拡大され読むことができます

【1月のできごと】

★アニメ「アルプスの少女ハイジ」が放送開始。「クララが立った!」。最終回は12月。

★ドラマ「寺内貫太郎一家」が放送開始。向田邦子脚本。頑固親父役は作曲家・小林亜星。

【2月のできごと】

★永谷園インスタント味噌汁「あさげ」が発売開始。「あさげ」は米みそ、「ゆうげ」は白みそ、「ひるげ」は赤だし。

【3月のできごと】

★ドリフターズに志村けんが新加入。脱退したのは荒井注。「This is a pen!」「何だバカヤロウ」

【4月のできごと】

★センバツ高校野球で徳島代表の池田高校が準優勝。部員11人で「さわやかイレブン」と話題。蔦監督。

モナ・リザ展が東京国立博物館で開催され大行列。微笑みに魅せられたのは151万人。

【5月のできごと】

セブン―イレブン1号店が東京江東区豊洲に開店。2019年(令和元年)に沖縄に出店し47都道府県制覇。

【6月のできごと】

★サッカーワールドカップ。優勝は開催国西ドイツ。皇帝ベッケンバウアー。準優勝は「トータルフットボール」オランダ。ヨハン・クライフ。

【7月のできごと】

★大相撲。北の湖が21歳2カ月の最年少横綱。幕内優勝24回。相撲協会理事長在任時の2015年に62歳で死去。

【8月のできごと】

ウォーターゲート事件でニクソン米大統領が辞任。盗聴。ワシントンポスト。ディープスロート。大統領の陰謀。後任はフォード大統領。

★宝塚歌劇団が「ベルサイユのばら」初演。「ベルばら」は宝塚の代名詞に。オスカル。男装の麗人。

【9月のできごと】

★受験生の味方「暗記ペン」をトンボ鉛筆が発売。緑マーカーで暗記したい部分を塗り、赤いシートで覆う。

【10月のできごと】

★アニメ「宇宙戦艦ヤマト」放送開始。「ハイジ」と同時間帯で第1作の視聴率は苦戦した。

★佐藤栄作前首相がノーベル平和賞を受賞。非核三原則。兄は岸信介首相、岸信介の孫が安倍晋三首相。

★ミスタージャイアンツ、長嶋茂雄が現役引退。「わが巨人軍は永遠に不滅です」。セ・リーグは中日優勝、巨人のV10を阻止した。

【11月のできごと】

★田中金脈問題などが原因で田中角栄首相が退陣表明。ロッキード事件で76年に逮捕。目白の闇将軍。

【12月のできごと】

ハイセイコー引退。ラストランの有馬記念は2着。翌年出た「さらばハイセーコー」が50万枚の大ヒット。

◇最後に大晦日の新聞「ヤングが選んだ74年流行語」から◇ヤングが選んだ割には田中角栄内閣退陣関係が1位になっていることが意外だが、大半はCM由来。下の新聞をクリック拡大して読んでいただければ「昭和49年」が何となく分かります。

昭和49年12月31日の文化面。平均年齢23歳の男女740人のアンケートによる流行語ベスト20と分析記事。1位「クイントリックス」はナショナルのブラウン管テレビ。5位「ジュリーッ」はドラマ「時間ですよ」で悠木千帆(のちの樹木希林)演じるおばあちゃんが沢田研二のポスターを見ながら発する言葉。令和では流行りようがないお下品ワードも。9位「マタンキ」は漫画「トイレット博士」に出てくる合言葉。逆から読めば「キンタ…」。19位「七年殺し」も同漫画に出てくる浣腸攻撃。15位「乳モメーッ」は日テレ「うわさのチャンネル」でマギー・ミネンコが発するギャグ。

昭和49年12月31日の文化面。平均年齢23歳の男女740人のアンケートによる流行語ベスト20と分析記事。1位「クイントリックス」はナショナルのブラウン管テレビ。5位「ジュリーッ」はドラマ「時間ですよ」で悠木千帆(のちの樹木希林)演じるおばあちゃんが沢田研二のポスターを見ながら発する言葉。令和では流行りようがないお下品ワードも。9位「マタンキ」は漫画「トイレット博士」に出てくる合言葉。逆から読めば「キンタ…」。19位「七年殺し」も同漫画に出てくる浣腸攻撃。15位「乳モメーッ」は日テレ「うわさのチャンネル」でマギー・ミネンコが発するギャグ。