相撲記者が遭遇した修羅場…千代大海が流血、大嶽親方の平手打ち、飛び散ったガラス

日刊スポーツの記者が自らの目で見て、耳で聞き、肌で感じた瞬間を紹介する「マイメモリーズ」を蔵出しして毎週水曜日に配信します。今回は大相撲、06年名古屋場所での修羅場。(2020年5月25日紙面より。年齢、所属など当時)

大相撲

井上真

<マイメモリーズ>

露鵬がカメラマンに暴力

はじめはよく見えなかった。大関千代大海の盛り上がった肩の筋肉から腹へ、細くて赤い筋が何本も流れていた。  

06年名古屋場所。打ち出し後の役員室に怒髪天をつく形相の千代大海がバスタオル姿で入ってくる。目が慣れてきて分かった。上半身に小さいガラスの破片が数え切れないほど刺さっていた。粉々になったガラスを浴びたのだ。 

すぐにロシア出身の平幕の露鵬も来る。師匠の大嶽親方(元関脇貴闘力)がこわばった顔で付き添う。本割で感情的になった2人が風呂場でもめ、露鵬がドアを破壊した。  

露鵬にたたき割られた風呂場のガラス

露鵬にたたき割られた風呂場のガラス

帰り支度で騒がしかった役員室が無音になった。お互いにいつでも襲いかかりそうな殺気だ。北の湖理事長(元横綱)は事情を聴き「いつまでも遺恨を残すな。握手して仲直りしなさい」と言った。  

露鵬が千代大海に「これからも頑張って」と言う。番付上位の先輩力士に対して、何より加害者としては間違った言葉遣いだった。  

直後、大嶽親方が「お前は~」と怒鳴りながら顔面を平手で打った。すさまじかった。記者だったら失神、いや、脳振とうは免れない。張り手で千代の富士、小錦、曙に挑んだあの貴闘力の平手打ちだ。その一撃を受けても露鵬は顔をそむけず正面を向いたまま。映画のようだった。  

この時、露鵬はフラッシュを嫌がり、カメラマンに暴力をふるい、出場停止処分になった。 

通路でカメラマンを怒鳴りつけ怒りをぶつける露鵬。この後、カメラマンに暴行した

通路でカメラマンを怒鳴りつけ怒りをぶつける露鵬。この後、カメラマンに暴行した

「悪いことをした」

後日、巡業先の体育館で寂しそうに座っていた。目があった。「カメラマンの人には悪いことをしました。大関にも悪い態度、反省しています」と言った。気まずい空気が流れ、話をつなごうと焦り「(平手打ち)ものすごかったね。痛かったでしょ」と聞いた。すると「あんなの痛くない。それよりも悔しかった。俺は強いんだって、みんなに分かってほしかった」。顔の前を太い右腕で振り払うようにした。よみがえった記憶を払いのけようとしているようだった。屈辱に顔はゆがんでいた。  

番付が力を示す相撲社会を取材して、こんなきわどい瞬間にはほとんど出合えなかった。ただ、ケンカ沙汰はいたるところにあるとは、うすうす感じていた。相撲界は時津風部屋での力士暴行死事件、元横綱日馬富士の暴行問題という不祥事から暴力追放を目指してきた。現在は暴力への問題意識も、格段に広まっているだろう。記者が遭遇したあの瞬間は、もう過去のものであると信じている。