速報記事一覧へ スコア速報一覧へ スポーツカレンダーへ

nikkansports.com・ホームへ
共通ナビゲーションを飛ばす。ページメニューへ MLB | PDF号外 | プレゼント | 占い | 映像 | 新聞購読
0
googleの検索機能
nikkansports.com・ホームへ

click here!
社会TOP
健康連載
おくやみ
メーンメニュー
・ 野球 ・ サッカー
・ スポーツ ・ バトル
・ 競馬 ・ 芸能
・ 社会 ・ 釣り

地域情報
・ 北海道
・ 東北6県
・ 静岡
・ なにわWEB
・ 九州
ページトップへ
社会タイトル

  この病気にこの名医
 

【第164回】

深部の瘤治療可能

この病気にこの名医

脳動脈瘤のコイル塞栓術(下)

 脳動脈瘤(りゅう)が破裂するとくも膜下出血。「何時何分に起きたと特定できる激しい頭痛」が起こる。この脳動脈瘤治療には、今、開頭して行うクリッピング術と、血管内治療のコイル塞栓(そくせん)術がある。現時点では、日本では85対15でクリッピングが断然多く行われている。

 これは、どちらの治療が良いかの評価にはならない。何といっても日本でのコイル塞栓術は歴史も8年程度と短い。だから、コイル塞栓術を行う医師自体が少ないからだ。

 では、信頼できる比較研究を紹介しよう。02年11月、最も権威あるイギリスの医学雑誌「ランセット」に発表されたものだ。「ISATの発表で、どちらの治療でも可能と判断された患者グループにおいて、1年後の要介助または死亡の割合がクリッピング術30・8%に対してコイル塞栓術は23・5%にとどまり、科学的にコイル塞栓術の優位性が証明されたのです」と、神戸市立中央市民病院(神戸市中央区)脳神経外科、脳卒中センターの坂井信幸部長(49)は言う。

 これらを踏まえて、コイル塞栓術の長所と短所は以下のようになる。

 《長所》

 ○クリッピングに勝る成績が大規模試験で示されている。

 ○入院期間が短く体にやさしいので、未破裂のケースではすぐに元通りの活動に戻れる。

 ○脳の深部の脳動脈瘤の治療も可能。

 ○高齢者や体力的にクリッピングが受けられない人にも治療可能。

 ○頭髪をそらなくて良い。

 《短所》

 ○長期成績がまだ出ていない。

 ○医師や施設が少ない。

 ○術中に脳動脈瘤が破裂したときの対応はクリッピング術が勝る。

 ○動脈瘤の形によってはクリッピング術でなければ対応できないものがある。

 脳動脈瘤を治療する施設では、いずれの治療法も可能で、客観的に両者を選択して患者が治療を受けることができる日が早くきてほしいものである。

【ジャーナリスト 松井宏夫】

◆コイル塞栓術の名医◆

 ▽大阪市立総合医療センター(大阪市都島区)脳神経外科・小宮山雅樹副部長
 ▽大阪大学医学部付属病院(大阪府吹田市)脳神経外科・藤中俊之助手
 ▽国立循環器病センター(大阪府吹田市)脳血管外科・村尾健一医長
 ▽神戸市立中央市民病院(神戸市中央区)脳神経外科・坂井信幸部長
 ▽岡山大学医学部・歯学部付属病院(岡山市)脳神経外科・杉生憲志講師
 ▽徳島大学病院(徳島市)脳神経外科・佐藤浩一助教授
 ▽小倉記念病院(北九州市小倉北区)脳神経外科・中原一郎部長
 ▽久留米大学病院(福岡県久留米市)画像診断センター・安陪等思助教授、脳神経外科・広畑優講師
 ▽琉球大学医学部付属大学病院(沖縄県西原町)脳神経外科・兵頭明夫助教授
前のページへ戻る このページの先頭へ
広告ガイド会社案内このサイトについて問い合わせ
  nikkansports.comに掲載の記事・写真・カット等の転載を禁じます。
  すべての著作権は日刊スポーツ新聞社に帰属します。
  
野球ページへ サッカーページへ スポーツページへ バトルページへ 競馬ページへ 芸能ページへ 社会ページへ 釣りページへ